2013/10/29.Tue

剣岳慰霊祭    10/26~27 

昭和41年正1月1日、小窓尾根から剱岳を目指した東京雲稜会の5人のパーティーが雪崩に巻き込まれ4名が遭難しました。この際に建立されたレリーフが、砂防工事のため埋もれてしまう可能性があるとのことで、OB、現役、元会員、総勢34名参加のもと剱岳鎮魂の杜に移設しました。あいにく雨降りで、馬場島山荘内で慰霊祭を行い、鎮守の森のお社にレリーフを納めてきました。

turugi-irei_09.jpg
神主さんにきてもらいお祓いが終わった後、お社に納めました。

turugi-irei_12.jpg
元のレリーフがあった場所です。

当日(10/26)は湯神子温泉に泊まり、翌日は明星山の慰霊碑に。こちらは昭和50年10月11日に明星山正面壁で2名の会員が遭難したのを偲んで建立されたレリーフで、最初に建立したものが流されて再建したものです。

turugi-irei_19.jpg

亡くなった方々の年齢を見ると20才から25才と若く、当時の話を聞き、遭難事故は再び起こしてはいけないと本当に思った旅でした。

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »